厚生労働省認可国家資格

柔道整復師(接骨院)

痛がっています!

ワンコは、話せません!

619109s 

連休中・お盆通常通り施術受付いたします。

愛知名古屋唯一の犬専門整骨院

ぎっくり腰になるサイン!!
見逃さないで

◼️ 注意:マッサージもどきの施術を整体・接骨矯正と称しているところがありますが、接骨矯正が許されているのは、医師と国家資格である柔道整復師のみが行えるものです。又、マッサージ施術もあんま師の国家資格を有した者のみが許されているものです。

◼️ 病名病気診断・診察行為が、認められているのは、医師のみです。

◼️ 民間の単なる業界資格を、医学知識がありあたかも公的国家資格を有しているかのように振る舞い施術をしているところが、多々あります。くれぐれもお気をつけ下さい。

今までに対応した症例

    • 散歩を嫌がる
    • 小脳変性
    • 前庭神経障害
    • 気管支 虚脱
    • 腫瘍病変
    • オスワリの時姿勢が崩れる(足がそろっていない)
    • 踏ん張りがない(指の広がり方が、左右違う)
    • 肩の高さが左右違う
    • 伏せやオスワリ、トイレ動作から立つときに動作が遅い、ぎこちない
    • ツメの減り方に左右差がある
    • 足を引きずる時がある
    • 後ろ片足立ちをして三本足で歩行する
    • 寝返りをしない、出来ない
    • 食欲が落ちてきた
    • 背中や腰を撫でると逃げるようになった
    • ブルブルをする時、頭しかしていないようだ、又はふらつきや転倒をしてしまう
    • チンチンをしたがらない、出来なくなった
    • 動物病院で、治療できないと言われた
      • 膝蓋骨脱臼
  •  ステージ4の重度腰椎ヘルニアと診断されて手術を勧められた

気になる症状があれば、お一人で悩むことなく遠慮なくお問い合わせ下さい。ご自宅でできるケア等のアドバイスをさせて頂きます。(お問い合わせ・アドバイス料金は、頂いておりません。)


【院長メッセージ】
施術(一般整体・小顔矯正・犬の整体)実績35年骨格の専門である接骨の国家資格保持者


通院手術をしてもあまり回復は望めない
ワンコたちを多く見てきました。
例えば、いったんぎっくり腰になったワンコに、病院で検査を受けたりして、腰椎椎間板ヘルニアの異常はなし。との診断がされたとして、なんとか回復したとします。

ですが、悲しいかな近い将来また「ぎっくり腰」を再発するケースが多いものです。
そして、手当が遅れれば、歩行不可能になることすらあります。
高齢犬になれば、寝たきりになる確率も高くなります。
どうして、そんなことになってしまうのでしょうか?
それは、人も同じで、いったん痛めた部位は、筋肉や靭帯といった軟部組織の変性、骨格のゆがみなどが起こっています。
一旦回復したかに見えて、実は弱った組織が、いつでも悪さをする可能性があるわけです。
人は、「あれ?おかしいな?」といった身体の不調を察知して、病院でその症状を話すことが、出来ますが、ワンコは、話せません。
おまけに、野生の本能と言われていますが、弱い自分を見せることは、生存競争に負けることになるので、ギリギリまで、我慢をして明るく振舞います。
ここが重要なのです。
ワンコは、話せません!我慢をしています!
飼い主様が、いかに普段から気を付けて観察しているかが、すごく大切です。
根本的な改善を望むならば、サプリメントなんかで対応するのではなく、骨格矯正と軟部組織のリハビリが、一番です。


私の35年の実績は、ウソをつきません。
可愛い大切な家族である愛犬のために、一刻も早く来院してください。
様子見などせず、早めに適切な施術を受けられることを強くお勧めします。


愛犬にこんな症状があったらチェック

ワンちゃんがこんな症状で悩んでいませんか?

  • 背中が凹(へこん)んできた様だ。
  • 腰が曲がっている。
  • 歩くスピードが遅くなった。
  • 目をしょぼしょぼさせる。
  • 散歩を嫌がる。
  • 病気でもないのに元気がない。疲れやすくなった。
  • 歩き方がおかしい。
  • ヘルニアと言われた。歩くのがつらそう。歩けなくなってしまった。
  • 毛並みが悪くなった。
  • アジリティーや競技でのパフォーマンスを上げてやりたい。
専門の獣医できちんと診ていただくことが先決です。単なる歩行障害や元気がない、毛並みが悪いといったことでも重篤な病気が隠れている場合があります。
当院への来院前に必ず獣医の診察を受けてください。